• 80年代アイドルを紹介しています。

筒美 京平

本名:渡辺 栄吉
1940年5月28日~ 2020年10月7日 A型
東京東京市牛込区(現:東京都新宿区)出身
作曲家、編曲家
筒美音楽事務所代表
青山学院大学経済学部 卒業

略歴

大学卒業後の1963年に日本グラモフォン(後のポリドール・レコード→ユニバーサルミュージック)に入社。洋楽担当ディレクターとして勤務しながら、すぎやまこういちに作編曲を学ぶ。
66年、「黄色いレモン」(藤浩一ほかの競作)で作曲家デビュー。

68年12月リリースのいしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」が自身初のオリコン1位獲得作品となり、「第11回日本レコード大賞」作曲賞を受賞。「日本レコード大賞」作曲賞を計5回受賞することとなり、これは全作曲家でトップの記録である。
71年に尾崎紀世彦「また逢う日まで」で「日本レコード大賞」受賞となる。79年にもジュディ・オング「魅せられて」で受賞。(どちらも作曲・編曲を手掛けている)

グループサウンズ、歌謡曲、アイドルポップス、J-POP、アニメ主題歌等、1960年代から2000年代まで多数のヒット曲を世に送り出した。
———————————————————————————————————–

当ブログでは、80年代アイドルへと提供された楽曲を通じ、筒美京平氏の功績を振り返る。

田原俊彦

しばらく大きなヒット曲がなかったけど、「ザ・ベストテン」や「歌のトップテン」で1位を獲得。オリコンでは最高3位・27.9万枚。記録より記憶に残るヒット曲っていうのかな。ダンスもみんなマネしたよネ。

81年、「君に薔薇薔薇…という感じ」でシングルでは初めて筒美作品を歌う。以降、「原宿キッス」「ラブ・シュプール」「シャワーな気分」などをリリースし、ヒットとなる。87年「“さようなら”からはじめよう」で再び筒美作品を歌う。そんな中、全筒美作品であるアルバム「YESTERDAY MY LOVE」をリリースしている。88年には、主演ドラマ「教師びんびん物語」主題歌の「抱きしめてTONIGHT」が大ヒット。代表曲の一つとなった。85年の研ナオコとのデュエット「夏ざかりほの字組」も筒美作品だった。

河合奈保子

最大ヒットではありますが、いちばんの代表曲といった感じはありません。
「ほほえみさわやか カナリー・ガール」のキャッチコピーに違わぬ溌剌キャラからやはり「スマイル・フォー・ミー」がそうなるのでしょうか?
挑発路線では、♪唇 ジャン! のプライバシー♪がスキでした。

82年の竹内まりや「けんかをやめて」でニューミュージック勢とのタッグを組み、大人の階段をあがっていく。しばらく中庸ニューミュージック路線を歩んでいたが、83年の夏、作曲を筒美、作詞に売野雅勇を迎えたディスコ歌謡「エスカレーション」で挑発路線に挑戦し、最大ヒットを記録。続く「UNバランス」もタイトに決まったディスコものだった。以降、多く筒美&売野を起用する。挑発路線の完成形「唇のプライバシー」、「ケアレスウィスパー」の本歌取りといった趣の「北駅のソリチュード」、基礎力なしでは歌えない超難易度を誇る「ジェラス・トレイン」をリリース。シングルでは「刹那の夏」を最後に、作曲はほぼ自身となっていく。アルバムでは「さよなら物語」、「STARDUST GARDEN」が全筒美作品となっている。

柏原よしえ(柏原芳恵)

ポップな作品を歌っても相変わらず、しっとりとした”芳恵節”をカマして、独特の世界を構築しておりました。

10thシングル「あの場所から」で筒美京平作品を歌う。しかし、この楽曲はカバー作品。84年、シングル「ト・レ・モ・ロ」で正式に筒美作品を歌う。中島みゆき、谷村新司、松山千春などから提供されたしっとりとした曲を歌うことが多かったが、この楽曲はテクノ歌謡ポップス。新展開であったが、オリコン最高8位・15.1万枚のヒットとなった。アイドル歌謡にも完全な「デジタルサウンド」の作品が登場したと言われている作品。編曲は船山基紀。その後、全曲筒美&船山が担当したアルバム「LUSTER」はテクノ歌謡の名盤。続くシングル「悪戯NIGHT DOLL」にて一旦、筒美作品から離れる。
86年の本人出演ドラマ主題歌「女ともだち」、89年の火曜サスペンス劇場主題歌「化石の森」で筒美京平を起用。ここぞといった時のみゆき頼みと言われていたが、筒美頼みでもあったようだ。

三原順子(三原じゅん子)

銀蠅と組んだ「だって・フォーリンラブ・突然」がアイドル寄りになりましたね。筒美氏がポップな曲を順子ねえさんに作ったらどんな感じになったんでしょう?

79年にドラマ「3年B組金八先生」にツッパリの”山田麗子”役で出演し、人気急上昇となる。80年にドラマのイメージそのままに長戸大幸が作曲した「セクシー・ナイト」で歌手デビューし、ヒットとなった。
不良路線を進むなか、筒美氏の「真っすぐララバイ」をリリース。
80年代後半まで歌手活動をし、以降は女優として活躍。現在は政治家に転身。

近藤真彦

デビュー曲「スニーカーぶる~す」は筒美作品。オリコン史上初デビュー曲でのオリコン初登場1位を記録し、華々しくデビュー。続く「ヨコハマ・チーク」「ブルージンズメモリー」も。
「ギンギラギンにさりげなく」で「日本レコード大賞」、「日本歌謡大賞」などで最優秀新人賞を受賞。その後も「情熱☆熱風☽せれなーで」「ふられてBANZAI」など筒美作品を歌う。
一時、離れるが「泣いてみりゃいいじゃん」で再びタッグを組み、「日本歌謡大賞」を獲得。80年代にリリースしたシングルは筒美作品が大方を占める。

トシちゃん派だったけど、マッチの曲の方が口ずさみやすいのよね。筒美氏の楽曲はそんな力があるよね。

沖田浩之

竹の子族から芸能界入り、「3年B組金八先生」出演し、筒美作品「E気持」でデビュー。♪A・B・C、A・B・C、A・B・C、A・B・C・D E気持♪というキャピキャピ女子のコーラスでポップに始まり、スピード感あふれるメロディと阿木燿子による刺激的な歌詞が相まって非常にインパクトの強い作品となった。最高8位・17.8万枚と幸先のよいスタート。「半熟期」「はみだしチャンピオン」(「日本レコード大賞」新人賞受賞)、「俺をよろしく」と4作連続で提供されている。
84年には歌手活動を終了し、俳優として活動していたが、99年に自殺。ドラマ「サラリーマン金太郎」で悪役を演じ、新境地を開拓していた。
筒美作品を多く歌っており2011年には「沖田浩之 GOLDEN☆BEST limited 筒美京平を歌う」がリリースされている。

鼻にかかった声が彼の歌の魅力でもあります。
筒美氏は、このテの声が好きと思われる。平山三紀、郷ひろみ、松本伊代…
「E気持」はヒロくんの声に合わせて作ったものなのでしょう。

薬師丸ひろ子

民営化直後のNTTのCMソング「あなたを・もっと・知りたくて」で筒美作品を歌う。
暖かく親しみやすいメロディーと「もしもし、私、誰だかわかる?」という電話のCMらしいセリフで分かりやすいポップチューンに仕上がっており、オリコン最高2位・39.1万枚のヒットとなった。
彼女のシングル曲の中では最もアイドルらしい楽曲となっており、異色。
この年、薬師丸は角川映画から独立。活動の主軸を映画に置きつつ音楽番組やCMにも積極的に出演するようになったという転換期であった。

映画の主題歌から離れた初のシングル。CMソングってこともあり、とってもキャッチー。♪もっと~もっと~って口ずさんだよね。モノマネした人、手挙げて~。

松本伊代

1コーラスのなかに♪センチメンタル・ジャーニーという決めゼリフが2度出てくるのにクドくならないのは、筒美マジックですよね。
「TVの国からキラキラ」、「オトナじゃないの」のような実験的な作品が違和感なくハマるいい歌声。でしたね。

81年に♪伊代はまだ16だから~ン…でお馴染みの「センチメンタル・ジャーニー」で鮮烈デビュー。筒美作品であった。以降「ラブ・ミー・テンダー」「TVの国からキラキラ」「オトナじゃないの」と続けて提供曲を歌いヒット。しばらく間が空き、ドラマ「転校少女Y」主題歌「ビリーブ」で再び筒美作品を歌い、スマッシュ・ヒットとなる。
筒美氏は「松本伊代BOX」ライナーノーツに「はっきり云って美声ではないが、実にユニークな響きのある声、ちょっと甘えっぽく、少年的でもある伊代さんの声が私は大好きです」とコメントしている。

小泉今日子

♪ヤマトナデシコ七変化~とはよく言ったもので、バリエーション豊かな提供曲。
女優を経て、現在は演出家。
作品を深いところまで理解し、演じる力があったということですね。

デビューの82年は、中森明菜、松本伊代、早見優、堀ちえみ、石川秀美などアイドル大豊作の年。当時のアイドル界を席巻していた松田聖子を真似た“聖子ちゃんカット”、衣裳はフリフリのドレスで、彼女もその中のひとりといった印象。83年、髪の毛をバッサリ切り「まっ赤な女の子」で”脱聖子”に成功。これを皮切りに「半分少女」「迷宮のアンドローラ」「ヤマトナデシコ七変化」「魔女」などバラエティに富んだ楽曲を提供。彼女を語るうえで欠かせない代表曲「なんてったってアイドル」も。以降も「夜明けのMEW」、カネボウ化粧品’87春の口紅CMソング「水のルージュ」などを印象的な楽曲を提供。95年にひさしぶりに「BEAUTIFUL GIRLS」でタッグを組んだ。

早見優

♪恋かな~イエス!恋じゃなぁいイエス!といきなりサビで始まり、一旦クールダウンし、♪If you love me…から徐々に徐々に盛り上がり、♪去年とはくちびるがちがってる~で来るゾ来るゾと思わせて、やっぱり来た~再度♪恋かな~イエス!のサビで盛り上がる。もう完璧!

デビューの82年はアイドル豊作の年。松田聖子を真似た“聖子ちゃんカット”のアイドルのひとり。 2年目にようやくハワイ育ちの帰国子女にピントをあわせ「夏色のナンシー」を歌い、一気にブレイクし、紅白歌合戦にも出場となる。「渚のライオン」「ラッキィ・リップス」「誘惑光線・クラッ!」などハワイ育ちの彼女ならではの透明感があって少しドライで洗練された楽曲を歌った。”夏の早見優”を確立した後には、しっとりとした失恋ソング「哀愁情句」も提供されている。
2003年には筒美氏の提供曲を1枚にまとめた「ゴールデン☆ベスト 早見優 筒美京平POPSベスト」をリリース。

三田寛子

はんなりしっとりの寛子はんにもオリジナルの筒美作品歌って欲しかったわぁ。

アイドル大豊作の82年デビュー。歌手デビュー前にドラマ出演もあったことから、その中では頭一つリードした存在だった。3rdシングルは筒美作品「色づく街」をリリース。しかし、南沙織のカバーである。石川ひとみ、柏原よしえがカバーでブレイクしたことにより、カバー作品がブームとなっていたなかでのリリースである。
しかし、ヒットとならず、新人賞レースから脱落となってしまった。
オリジナルの筒美作品はない。

Coconut Boys(C-C-B)

83年に「Coconut Boys」のバンド名でデビューしたが、ヒット曲に恵まれず、C-C-Bなかった。「C-C-B」と改名し、85年に起死回生の思いで発売した筒美氏作曲の「Romanticが止まらない」。ドラマ「毎度おさわがせします」主題歌となり、オリコン最高位2位・51.7万枚の大ヒットとなる。メンバーの笠の声質を気に入り、彼をリードボーカルにして、残り3人のコーラスを活かす形で曲を作れば売れると考えて、メロディを作ったという。以降、「スクール・ガール」、紅白歌合戦初出場時に歌った「Lucky Chanceをもう一度」「空想Kiss」など多くの筒美作品でヒットを飛ばす。また、唯一のオリコン1位獲得作品「ないものねだりのI Want You」やラストシングル「Love Is Magic」も筒美氏の作曲であった。

「ドラムの笠くんが歌うなら曲を書く」と云ったというエピソードが伝えられているくらいだから、筒美氏はボーカルの声質に拘りを持っていたと推察できますネ。

渡辺桂子

♪女の子に かわるから あぁぁ…ってところがツボでした。
この楽曲も「赤道直下型の誘惑」もコーラスと掛け合う楽曲でしたね。
「赤道直下型の誘惑」でセールスダウンでしたけど、こちらを評価する声は多く聞かれますね。

筒美作品「H-i-r-o-s-h-i」でデビュー。正統派アイドル然とした爽やかな作品で、オリコン最高25位・5.9万枚のスマッシュ・ヒットとなった。2nd「赤道直下型の誘惑」、3rd「第Ⅱ少女期」も筒美氏の提供作品という恵まれた状態であったが、同期の岡田有希子、菊池桃子、吉川晃司の陰に隠れる形となってしまいブレイクできずにいた。ドラマ「乳姉妹」主演が起死回生のきっかけとなるか?と思われたが、撃沈。
挙句の果てには外国人男性と逃避行。復帰後にヌード写真集を発表し、引退した。

追悼 作曲家・筒美京平 アイドルポップスで振り返る②へ続く


コメントを残す