• 80年代アイドルを紹介しています。

町あかりの昭和歌謡曲ガイド

  • 発売日:  2020年08月06日
  • 著者/編集:町あかり
  • 出版社:青土社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  160p

筆者の町あかり(マチアカリ)さんとは…
1991年東京都生まれのシンガーソングライター。2018年からフジテレビ「じゃじゃじゃじゃ~ン!」でうたのお姉さん役として「あかりおねえさんのニコニコへんなうた」を担当しているとのこと。

中1の時にサザンオールスターズの大ファンになったことをきっかけに歌謡曲に興味を持ち始め、キャンディーズのキュートさに感激し、「歌謡曲・沼」へ。

平成生まれネット世代の昭和歌謡曲のガイド

アイドルから演歌まで多岐に渡って取り上げていることに驚く。美空ひばり、中森明菜、小泉今日子、沢田研二などのビックネームからポップコーン、小野香代子などの知る人ぞ知る歌手の楽曲まで。「青い珊瑚礁」(松田聖子)や「夢先案内人」(山口百恵)など誰もが歌える大ヒットから「♂・♀・Kiss」(松本明子)のようなあの人のこんな曲的なものまで。

昭和世代だけどもこの本で知る曲がたくさんあり、聴いてみようかなと思いました。

当ブログのお客様が好きであろう、岡本舞子、橋本美加子、川島恵などのB級アイドルの楽曲も取り上げられております。

町さんといえば
「町あかりの歌謡曲研究所」というイベントに参加した際に…
休憩時間に83年の音楽祭の映像が流れており、河合奈保子が候補に選ばれたところで、Sさんに「奈保子のCDを毎日、一日中聴いていたら、『兄から頭おかしくなったのか?』と言われた」と話すと
Sさんが「武田久美子を一日中聴いていたら、おかしくなったと思うけど、奈保子なら全然普通よ」そんな会話を、隣にいた町さんは聞こえたようで笑っていました。
町さんは覚えいないと思うけど、どうかな?

町あかりの歌謡曲研究所
2020.01.04

●書籍・CD・DVDなど———————————————————–

●————————————————————————————–●


コメントを残す