• 80年代アイドルを紹介しています。

速水昌未

本名:速水昌未
1970年8月25日生まれ
O型
兵庫県神戸市出身
デビュー曲:「異性」
(1987年4月22日)
事務所:エスワンカンパニー
レコード会社:ソニー

87年1月にドラマ「麗子の足」の出演を経て、4月にデビュー曲「異性」にて歌手としてスタートを切った。

この曲は本人出演のキリンビバレッジ「キリンオレンジ」CMソングに起用となった。

爽やかな楽曲で歌謡曲愛好家より高く評価され、また、CMが人気音楽番組「ザ・ベストテン」の合間に流れていたため、目にする機会は多かった。

キリンビバレッジ「キリンオレンジ」(87)…ザベストテンの合間に流れていて目にする機会は多かったので、”速水昌未”も”「異性」”も知らないよ~と言ってる人も、あぁ…と思い出すのではないかな?爽やかな映像と楽曲がマッチした清々しいCMですね。たまに映像と曲が合ってなかったり、ひねりすぎて「で、何のCM?」っていうのありますからねぇ。キリンオレンジだけど、ブルーの衣装に水着なんだ…オレンジを着用すると、商品が目立たないから?

しかし、同期の酒井法子立花理佐伊藤美紀仁藤優子BaBe伊藤智恵理などと比べると、音楽番組で姿を見かけることは少なく、そのためか残念ながらヒットとはならなかった。

「異性」(87)…人気番組「ザベストテン」の合間に流れていて、ワタクシは「爽やかな楽曲!」とすぐに飛びついたのだけど、世間はそうでもなかったみたい…。♪Dearより深く~ Loveより浅く~ふたりは2/2… と”彼のことは好きだけど、自由にはならないわァ”と女の自立宣言の歌?宣戦布告?主張をポップに軽やかに歌い良い曲だと思うんだけどなァ。CMやラジオで聴く機会はあったのだけど、テレビで歌う姿は大人になってから、You Tubeでやっと見ました。CMでは大人っぽい感じでしたが、髪にリボン、程よくヒラヒラした衣装でお嬢サン風、女のコって見てて楽しいネ。

その後、楽曲のリリースはなかったが、87年秋から年末にかけてドラマ「六本木ダンディーおみやさん」に英語の堪能な巡査として出演。

実際の彼女もインターナショナルスクールに通っており、その特技を活かした役どころであった。

翌88年には小高恵美主演のドラマ「花のあすか組」に悪役・風として登場。このドラマはB級アイドルだった南野陽子、浅香唯を一気にトップアイドルに押し上げた「スケバン刑事」シリーズの延長線上にある番組であった。出番の多い役で登場したのだが、本格的なブレイクには至らなかった。

「花のあすか組!」(88)…このドラマも見ていた方は多いのでは?ここでも昌未チャンは活躍しておりました。小高恵美、小沢なつき石田ひかりをはじめ、佐倉しおり、本田理沙、千葉美加など、そのころデビュー(もしくは目前)のアイドルがいっぱい出てくるドラマ。風林火山のリーダー風役で登場。目立つ役どころでありましたが、あっちもこっちもアイドルだから、若干埋もれてしまったかナ。のちに大ブレイクする和久井映見サンも火役で登場。この時点では彼女もその他大勢だしね。

歌、芝居、グラビアなどひと通り行っていたが、いつしか姿を見ることがなくなってしまった。

アイドル後年には、日本エアシステムのキャンペーンガールや花王のCMに登場していたとのことである。

花王「ロリエセイフティロング」(89)…真ん中が昌未チャン。中村綾サン(左)、高橋里華サン(右)と一緒に出演。中村サンはグラビアで活躍後は女優に。高橋サンはドラマ、歌、CM、コメンテーターと幅広く活動していたけど、現在は義父母の介護で追われているとテレビで見ました。ワタクシも仕事や家庭で介護を経験したけど、本当に大変デシタ。現在、頑張っている方は使える制度や頼れる人を探してくださいネ。息抜きもね。

引退後は留学したということであった。

その後、母親の経営するアパレル会社でデザイナーとして働き、2000年には、テレビ番組で洋服のリフォームを行うコーナーに1年間レギュラー出演していたという。

17年には「爆報 THE フライデー」で近況を報告。パーティー・スタイリングデコレーターとして起業し、代表を務めているということであった。

SNSで活動を発信しており、近況を知ることができる。

●関連You Tube————————————————————–

●書籍・CD・DVDなど———————————————————-

●お出掛けを安心・快適に—————————————————–

●参考文献など————————————————————–

「アイドル黄金時代大名鑑」 藤井淳(著) グラフィック社
「80’sアイドルライナーノーツ ~松田聖子からWinkまで名盤183選レビュー~」 真鍋 公彦ほか(著) JICC出版局
「アイドルコレクション80’s よみがえる80年代青春グラフィティ」鈴木啓之(著) ファミマ・ドット・コム
「80年代女性アイドル・レコジャケ・厳選100人 OTAKARAファイル」 花門 号 (著)  鹿砦社
「100万人のアイドルポップス-青春復刻!ときめきアイドルポップス150」 宝島社
「アイドル・ポップス80-90 80’sシングル・パーフェクト・コレクション」 ジャズ批評別冊
「秘蔵シングル盤天国」 シンコーミュージック
「TV&アイドル’80~’95―人気TV番組、アニメ、CM、アイドル…青春グラフィティ 前編」 竹書房
「歌謡曲 名曲名盤ガイド1980’s―Hotwax presents」 ウルトラヴァイブ
「ザ・シングル盤50’S~80’S―歌謡曲ワンダーランド」 群雄社出版
「永久保存版 アイドルカレンダー HIT THE IDOL」 白夜書房
「ラグジュアリー歌謡 (((80s)))パーラー気分で楽しむ邦楽音盤ガイド538」 藤井陽一ほか(著) DU BOOKS
「ザ・レヴュー 1986 よい子の歌謡曲11月増刊号」
「まぼろしのアイドル あの人に会いたい」白夜書房


コメントを残す