• 80年代アイドルを紹介しています。

一条寺美奈

本名:田中美奈子
1971年9月23日生まれ
O型
大阪府高槻市出身
デビュー曲:「新宿純愛物語」
(1987年6月5日)
レコード会社:ファンハウス

87年公開の映画「新宿純愛物語」のヒロイン応募オーデションで優勝し、芸能界入り。
このデビューは、映画「ビー・バッフ・゚ハイスクール」で人気を得た仲村トオルを主演に、ヒロインを中山美穂で映画を予定し大ヒットが期待されていた。 撮影直前に中山が降板し、急遽仲村の相手役を公募することとなり、6万2千人のなかから、ヒロインに抜擢され、芸能界入りとなった

1987年6月に仲村トオルとのデュエット「新宿純愛物語」で歌手デビュー、7月には映画が公開となった。
少々いわくつきであるが華々しいスタートである。

映画「新宿純愛物語」(87)…学校をサボり、友人ユミ(五十嵐いづみ)と愛猫を連れて新宿を遊び歩いていた女子高生・マリは、ひょんなことから出逢った20歳の遊び人・一乗寺文麿と恋に落ちる。だが成り行き任せな文麿の行動は先々で騒動を巻き起こし、ヤクザと悪徳刑事たちから追われる羽目となった文麿とマリの逃避行は、やがて壮絶な市街戦へとエスカレートしていく。 マリは文麿に即”Zokkon命”でしたが、ワタクシだったら、コレはないわぁ~。と隣のいづみチャンと同じ気持ち(笑)

しかし、映画興行成績は振るわなかった。
が、その代わりに話題となったのは、この主題歌であった。ふたり揃って、歌唱がかなりぎこちなかったのである。何故に歌っているのでしょう?(あぁ、歌わされてしまったのね…、にしても、歌わせる必要あるのかな?)と思ってしまう程に。(仲村トオルは86年に映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」の挿入歌「ビー・バップ・パラダイス」でビー・バップ・少年少女合唱団の一員として歌手デビューしていたので、ある程度分かっていたのだが、「一条寺美奈、アンタもか!」という感じでしょうか…)

だが、オリコンチャート最高4位まで上昇となり、人気音楽番組「歌のトップテン」にも最高6位にランキングされた。(同じように人気があった音楽番組「ザ・ベストテン」では、最高13位)

仲村トオル・一条寺美奈「新宿純愛物語」(87/オリコン最高4位・10.7万枚)…美男美女のデュエット。歌も素晴らしかったら良かったんだけど、そういうワケにはいかず、悲しいことにお二人とも…ヘタ○ソ。天は二物を与えなかった…悪いけど、なんかホッとするワ(笑)。”奇跡のコンビ”と揶揄する方々もいるけど、気持ちはわかります…。テレビでの披露時は二人してカチコチで無表情。トオルくんはイヤそうだし、美奈チャンの視線は不自然だし…見ていられなかったなァ。二人とも黒歴史になってなきゃいいケド。それでも、オリコン上位にランキングされたのは、赤丸急上昇中のトオルくん+美奈チャンの可愛らしさの力でしょうね。

●お知らせ———————————————————
You Tube「アイドルCD紹介 ひよっこちゃんねる アイドルミュージアム」

●書籍・CD・DVDなど———————————————————

●参考文献など————————————————————–
一条寺美奈 – Wikipedia
新宿純愛物語 - Wikipedia
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲 - Wikipedia
BE-BOP-HIGHSCHOOL Wiki 一条寺美奈
昔のアイドル 一条寺美奈 
花の絵 『新宿純愛物語』 〜最も危険な純愛〜 


コメントを残す