• 80年代アイドルを紹介しています。

池田政典

本名:池田政典
1966年12月1日生まれ
京都府出身
AB型
デビュー曲:「ハートブレイカーは踊れない」
(1986年8月25日)
事務所:トライアングル
レコード会社:東芝EMI

千葉真一が設立したジャパンアクションクラブ(第12期生)に所属し、映画「伊賀のカバ丸」(83)、ドラマ「放浪-さすらい-」(86)の出演などを経て、86年8月に「ハートブレイカーは踊れない」で歌手デビューとなった。

従来のアイドル像をひっくり返した新世代アイドルの吉川晃司の流れを汲んだ高い運動能力を感じさせるパフォーマンス、洗練された出で立ちと楽曲で注目され、デビュー曲がTOP20内まで上昇し、各音楽番組に出演。また、人気番組「ザ・ベストテン」にも注目の新人として出演した。

「ハートブレイカーは踊れない」(86/オリコン最高18位・4.2万枚)…激しく踊り、歌います。JAC出身なので、朝飯前ですかね?他のアイドルとは一線を画す運動能力、完成度の高い洗練された楽曲で、アイドルというよりシティポップのシンガーという趣でありました。しかし、アイドルの雑誌や番組によく出演。同じ頃にデビュー曲「モノクローム・ヴィーナス」をいきなりヒットさせた池田聡サンもいてチョット紛らわしかったですね。

池田聡…スズキ「アルト」のCMソング「モノクローム・ヴィーナス」(86/オリコン最高9位・32.8万枚)でデビュー。ウェットな歌声と都会的なナンバーがマッチしヒットとなる。唄う本人は親近感漂う佇まいだった。日大の理工学部在学中の異色な経歴も話題に。その後、CMソングを中心にスマッシュヒットを飛ばす。93年に俳優デビューし、翌年出演したドラマの主題歌「思い出さない夜はないだろう」(94/オリコン最高16位・29.5万枚)が久々の大きなヒットとなる。現在もライヴを中心に活動中。

電子楽器的POPSに彼の清々しい歌声が載るというのが、デビューした頃の楽曲の特徴。また、顔立ちが尾崎豊を髣髴させるということも話題となっていた。

87年には、2nd「Shadow Dancer」がCMソングとして起用され、人気が上昇。続く3rd「NIGHT OF SUMMER SIDE」がアニメの主題歌となり、「歌のトップテン」にランクインを果たした。

「Shadow Dancer」(87/オリコン最高18位・8.4万枚)…安田成美出演のダイドー「Mコーヒー」のCMソングとして流れていたので、よく耳にしました。琴っぽいの音色のイントロで始まのが印象的。サビも耳に残ります。踊りたくなるダンサブルでバブル感溢れるナンバー。ウルフカットがよく似合っておりますネ。
「NIGHT OF SUMMER SIDE」(87/オリコン最高7位・7.4万枚)…「きまぐれオレンジ☆ロード」の主題歌。なので、若い世代でも知っている人が多いようですネ。彼の代表作ともいえる楽曲。最初からラストまで飛ばしまくりのスピード感溢れる楽曲。

「QUARTERBACK」(87)…事務所が菊池桃子、杉山清貴やオメガトライブらのトライアングルプロダクション(後に移籍)ということもあり、作家陣には杉山やオメガの高島信二や西原俊次を起用。高いクォリティの楽曲が並び名盤とも。”尾崎豊”に似ているという声のほかに、”くまのプーさん”という意見もあり、夜ヒット出演の際、表題曲の歌前トークで話題に。

この年は、映画「アイドルを探せ」に主演の菊池桃子の相手役として出演もしている。88年には、喜多嶋舞の女優デビュー作であるドラマ「ときめきざかり」に相手役で出演し、俳優業も順調。

「アイドルを探せ」(87)…女子大生3人組(菊地桃子、伊藤かずえ、武田久美子)の恋愛物語。池田クンは桃チャンが恋するプレイボーイ役。桃チャンが自宅を訪ねると他の女が出てきて走り出し、それをバスローブでバイク乗って(笑)追いかけ、ビンタされて恋が終了。女3人で頑張るぞぅって話。見所は桃チャンの兄役で“杉山清貴”が出演し、見事な大根演技を披露しているところ(笑)それにしてもトライアングル固めの配役ですなぁ。

「ときめきざかり」(88)…内藤洋子の娘・喜多嶋舞の女優としてデビューすることで、注目されたドラマ。彼女の相手役で出演。その後、恋の噂もありましたが、池田クンは「あくまで大切な仲の良い一人」と否定しています。

4th「Formula Wind」で人気番組「ザ・ベストテン」にもランクインした。歌手として本格的にブレイクするかと思われたが、ここまでがピークで、92年に音楽活動は休止。

「Formula Wind」(88/オリコン最高11位・3.7万枚)…この楽曲も安田成美出演のダイドー「Mコーヒー」のCMソングとして起用される。人気番組「ザ・ベストテン」に10位でランクインする。
しかし、ここで事件勃発…
「月間ランキング」中心の放送回であり、生放送で歌うことができず、翌週は圏外へ…より多くの人に高いパフォーマンス・&歌唱力を見せ付けるチャンスだったのに…残念(涙)

俳優業に軸足を置き、ドラマ「代表取締役刑事」(90-91)、「木曜日の食卓」(92)、「嵐の中の愛のように」(93)、昼ドラ「真夏の薔薇」(96)、「緋の稜線」(98)などにバイプレイヤー的な役で出演。

ドラマのほかにも、映画、Vシネマにも出演し、90年には、斉藤慶子の初ヌード作品となった映画「さわこの恋 ~上手な嘘の恋愛講座~」ではベッドシーンの相手役を務めている。

「さわこの恋 ~上手な嘘の恋愛講座~」(90)…キャンギャルとして人気を博し、アイドルを経て女優となった斉藤慶子がヌードを披露ということで話題となった。映画のキャッチコピーは”教えてくれないと入れてあげない—”というもので、コレから分かるよう、彼女の裸がウリの映画デス(滝汗)。池田クンはその相手役。彼はVシネマ「スウィート・ルーム」(93)、「女豹 灼熱のスナイパー」(96)でも女性との絡みを披露。濡れ場俳優?男性脱ぎ要員?後者は全裸でプリケツも晒して体を張っています…(滝汗)

●CM

井関農機(90ごろ?)…美女の背中に向かって、バキューン!!とカッコよくキメてます。何のCM?と思ったら、耕運機のCMデシタ。
アルバム「MYSTERY DANCER」より、「悩ましく Summer Qween」と「MYSTERY DANCER」がCMソングとして流れていました。

美声を活かし、「バトルスピリッツ 龍虎の拳」(93)、「るろうに剣心」(96)で声優にも挑戦しており、2000年頃からは声の仕事に精力的に取り組み、「テニスの王子様」(01-12) 大和祐大役や「家庭教師ヒットマンREBORN!」XANXUS 役でアニメ愛好家から知られている模様。

<声優・ナレーションの主な仕事>

●アニメ「バトルスピリッツ」(93)–ロバート・ガルシア 役
●アニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」(96)–志々雄真実 役
ゲーム「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 炎上!京都輪廻」(06)
ゲーム「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 再閃」(11)
OVA「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 新京都編」(12)
ゲーム「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完醒」(12)
ゲーム「ジェイスターズビクトリーバーサス」(14)*
ゲーム「JUMP FORCE」(19)*  *…歴代のジャンプヒーローが闘うアクションゲーム
●アニメ「遊☆戯☆王デュアルモンスターズ」(00)- ナレーション、ハサン役
●アニメ「テニスの王子様」(01-12)- 大和祐大 役 
●アニメ「D・N・ANGEL」(03)-  ナレーション
●アニメ「吟遊黙示録マイネリーベ」(04)- アルバート 役
●アニメ「DAN DOH!!」(04)-  ナレーション
●アニメ家庭教師ヒットマンREBORN!(07)- XANXUS 役
OVA「家庭教師ヒットマンREBORN! ジャンプスーパーアニメツアーー2009 
ゴンゴレ式修学旅行、来る! THE   COMPLETE MEMORIAL」(09)
ゲーム「家庭教師ヒットマンREBORN!」 シリーズ  多数発売
●アニメ「ナンバカ」(16)- 傷の男 役

アニメ出演時のキャラクターソングで歌声を披露する事もあり、歌手としてのライブも散発的に行っている。

「SUMMER-LIVE2007」(07)…ライブのチケット。小さなライブハウスでの開催だったので、お客サンとの距離が近かった。事務所(ケイエムシネマ企画)の後輩の紹介時に私の後ろに座ったので緊張しました。後輩の中にはニプロのCMや映画「252 生存者あり」出演の俳優・中村圭太サンもいましたヨ(現在は移籍)。声優・池田政典からファンになった方も多く来ていたようです。

以前より行っていた俳優の仕事に声優という新しい魅力も加わり、新しいファンを獲得し、活動している。

●書籍・CD・DVDなど——————————————————–

●参考文献など——————————————————–

池田政典 – Wikipedia


コメントを残す