• 80年代アイドルを紹介しています。

江戸真樹

本名:江戸真樹
1970年12月26日生まれ A型
和歌山県西牟婁郡日置川町(現・白浜町)出身
デビュー曲:「I Love あのコ・夏のMaki」
(1986年7月23日)
事務所:エブリワンミュージック
レコード会社:トーラス
キャッチフレーズ:かわいい江戸時代 御突入!
はじめまし。私なんかが江戸真樹なんです。

86年2月に「第1回ライオン健康プリンセスコンテスト」で7万人の応募のなかからグランプリを獲得。すぐにサイパンに2週間のCM撮影へ旅立ち、中学の卒業式にも出られなかったという。

ライオン「Ban16」(86)…ライオンが初めて行ったオーディションで7万人の中よりグランプリを獲得。オーディションには友達が応募したという。サイパンで撮影されてであろうCM。冒頭に「プリンセス誕生」とあり、ナレーションでも「できたてプリンセス」と言ってますネ。ちなみに第2回のグランプリは長野知夏。

長野知夏…2回目のグランプリ獲得者。87年に「Ban16」のイメージソング「風のリフレイン」でデビュー。作詩:秋元康 作曲:小田裕一郎 編曲:清水信之の豪華メンバーの作品。しかし、当時13歳のため、土日に京都から上京し、活動していたため、メディアへの露出は少なかった様子。
Ban16のCMには、彼女らの他に井森美幸、酒井法子、安室奈美恵などが出演しています。

すぐに上京となり、7月に「I Love あのコ・夏のMaki」でアイドル歌手として、茶目っ気たっぷりの自己紹介ソングでスタートを切った。
純情可憐と言おうか頼りなげな佇まいで、歌声もルックスも実年齢より幼い雰囲気で、デビュー曲の世界がドンピシャリと嵌っていた。

「I Love あのコ・夏のMaki」 (86/オリコン最高54位・0.8万枚)…♪夏休みだもん ハートがウ・フ・フ!から飛ばしてやがるなァと思ったら、♪知らんぷりingしないで やら ♪わ~たしのなまえっえっえっえは~え~どまきですはじめましてぇ。最後にトドメで♪夏のMakiはカゲキ~でしょしょ!。イヤぁ…カゲキですね、突き抜けてマス。気の○ルったような歌詞(作:谷穂ちろる)なんだけど、メロディが「ママガサンタにキッスした」にソックリで耳に馴染みクセになる中毒性の高い楽曲デス。コレを聴いて名前を1発で覚えマシタ。アイドルのデビュー曲としての役割はキチンと果たしてますネ、ヘンだけど。当時15歳でしたが、歌声もルックスもそれよりも幼く感じます。当時、小学生だったワタクシでもこのヒトのファンってきっと公言できないだろうなァと思ったものデス。

続く2nd「右あがりの初恋」は作曲に古田嘉昭、編曲には戸田誠司を起用。エスニック歌謡とも言える楽曲で、前作同様の遊び心溢れるキュートな仕上がりとなっていた。

「右上がりの初恋」(86/オリコン100位圏外)…前作と比べると地味ですが、ピコピコサウンドに♪チャカチャカチャンチャンチャン~(?)というバックコーラスが印象的で、耳に残ってしまう曲。売上げは♪右下がりのぉ~になってしまいましたケド、現在、テクノ歌謡として評価されている楽曲デス。デビュー曲は、緊張しているのか視線が不自然だったり、こまったような表情を見せることもありましたが、少し慣れたようです。そして、スリムになりチョット洗練されましたネ。しかし、歌声の幼さと不安定さは変わらない(笑)今なら萌え系として人気者になれたかナ?

さて、次はどんな風に楽しませてくれるのだろう…しかし、姿を見なくなってしまった。

86年秋ごろより痩せ始め、デビューから10ヶ月で引退し、和歌山の実家へ帰ったという。そして、その後、地元の男性と18歳で結婚したという噂も聞こえて来た。

時は流れ、

2000年に書籍「まぼろしのアイドル あの人に会いたい」(白夜書房)に登場、引退の真相や現在の様子を語った。

「まぼろしのアイドル あの人に逢いたい」(00/白夜書房)…引退後、13年ぶりに語る過去と現在。87年1月に引退(16歳)。地元に戻り、和歌山でウェイトレスのバイトをしていた際に、10歳年上のお客さんと18歳で結婚。3児の母であることを語った。結婚の時はライオンから詰め合わせを1年分ほど貰ったという微笑ましい話も。ひとり暮らし、進学せず、話相手がいないのが精神的に辛く、30kg台まで痩せてしまったという。「健康プリンセス」でデビューしたのに、不健康となり引退とは(涙)しかし、現在の生活は100点と語る。

さらに時が流れ、16年に「爆報!THEフライデー」に登場、30年ぶりのテレビ出演となった。現在は、離婚を3回し、現在は子供4人、孫4人と一緒に暮らしているとのこと。

「爆報!THEフライデー」(16)…ホームシックで芸能界を引退した後は、結婚・離婚を繰り返し、現在はファミレスでアルバイトをし、家賃17,000円の団地に住んでいるという。4人の子供だけでなく、4人の孫とも生活している。そして、三女にアイドルになってもらいたいと語っている。
00年の書籍「まぼろしのアイドル」では、「いろいろなことがあった!?」という問いに、「あ、ない(笑)」と答えているのですが、なかなか波乱万丈…。

18年にも週刊誌「FLASH」のWebサイトで取り上げられたり、20年3月の「爆報!THEフライデー 取材1000人突破記念!美女の激変グランプリ!」でも、16年時の映像が流れた。

●書籍・CD・DVDなど———————————————————

●参考文献など————————————————————–

江戸真樹 – Wikipedia
70-80年代アイドル 昭和TVワンダーランド マキは「萌え~っ!」デショショ?「I Love あのコ・夏のMaki」 江戸真樹
Smart FLASH 幻のアイドル「江戸真樹」3回離婚して子供が4人に孫4人
ヘーさんのCD棚~リサイクルマークはエコマーク 江戸真樹「I Loveあのコ・夏のMaki」 
ヘーさんのCD棚~リサイクルマークはエコマーク 江戸真樹「右あがりの初恋」 
それいけ!ディープ歌謡 江戸真樹


コメントを残す