• 80年代アイドルを紹介しています。

CHA-CHA

・勝俣州和 1965年3月12日生まれ 静岡県御殿場市出身
・西尾拓美 1967年6月17日生まれ 東京都足立区出身
・松原桃太郎 1965年9月2日生まれ 新潟県新潟市出身
・中村亘利 1970年2月9日生まれ 東京都港区出身
・木野正人 1968年12月2日生まれ 静岡県藤枝市出身
デビュー曲:「Beginning」(1988年9月7日)
レコード会社:VAP

バラエティ番組「欽きらリン530!!」の放送開始に合わせ、司会の萩本欽一は男性アイドルユニット”茶々隊”を企画・プロデュースし、そこからさらにメンバーを絞り込んだのが、”CHA-CHA”である。

グループ名の由来は番組進行に茶々をいれるということから名づけられたという。

初期メンバーには後にSMAPで脚光を浴びる木村拓哉、草彅剛もいたが、最終的にメンバーが勝俣州和・中村亘利・木野正人・西尾拓美・松原桃太郎の5名に落ち着く。

●メンバー

勝俣州和

西尾拓美

松原桃太郎

中村亘利

木野正人

勝俣州和は劇男一世風靡(一世風靡セピアの母体)、西尾拓美は劇団員、松原桃太郎は欽ちゃんの付き人、中村亘利は少年忍者、木野正人は田原俊彦のバックダンサーということもあり、“寄せ集め”であり、独特な空気を発散するアイドルグループであった。

88年9月に番組のテーマ曲に歌詞をつけた「Beginning」(オリコン最高5位・10.9万枚)レコードデビューを果たし、バラエティ番組から飛び出したにもかかわらず「ザ・ベストテン」、「歌のトップテン」にもランキングされ、幸先のいいスタートを切った。

なお、木野は88年春から夏にかけてヒットした田原俊彦の「抱きしめてTONIGHT」でバックダンサーを務めており、歌謡曲愛好家には、知られる存在であった。

田原俊彦「抱きしめてTONIGHT」(88/オリコン最高3位・27.9万枚 年間18位)…主演ドラマ「教師びんびん物語」の主題歌。86年ごろからレコードセールス不振だったトシちゃんの起死回生の1曲。この年を代表するヒット曲であり、今でも歌われるトシちゃんの代表作となりました。
右が木野。左の赤い服は元ジャPAニーズの乃生佳之。

冠番組「ビギニング!!チャチャ」もスタートし、他のアイドルにない二枚目半的な魅力で彼らは人気を加速させる。そして、2nd「いわゆるひとつの誤解です」はデビュー曲とは趣を変えたダンス歌謡的な楽曲。前作より売上を伸ばし、活動が勢い付いていくこととなった。

「いわゆるひとつの誤解です」(88/オリコン最高2位・11.6万枚)…デビュー曲は、いかにもバラエティ番組から飛び出したグループです!と言わんばかりの企画モノ臭を発散していましたが、曲もパフォーマンスも洗練されました。ジャニーズを意識したかのようなダンス歌謡。似合ってるか?似合ってないか?はナゾですが、彼らにとって最大ヒットとなりました。

アイドル雑誌にも大きく取り上げられ、写真集やビデオもリリースし、コンサートも行うなど本格的なアイドルも真っ青な活動を展開。
近年、タレントとして活躍する勝俣が「アイドルグループにいた!!」、「SMAP並みに人気があったんだぞ!!」と語る姿を目にすることがあるが、やや盛気味ながらも、冠番組も持っており、また勝俣はトレンディドラマ「同・級・生」に重要な役どころとして出演している。

雑誌「MEN’Sヘアカタログ」(89)、「明星」(90)、「BestOne」(90)…”アイドル雑誌の表紙”をたくさん飾りました。人気アイドルと認められたものが行う仕事でありますよネ。勝俣サンの話は、嘘でもないんですよ。SMAP並みの人気者だったか?と問われるとソレはどうかなァと思いますけれどネ(笑)

写真集「Diamond-head wo Buttobase」(90)…アイドルらしく?水着姿も披露しています。なんと!ビキニパンツ姿も。写真集は3冊発表。

“笑い(喋り)もできるアイドル”というスタイルは、その後にたくさん現れ、今となっては普通のことだが、その元祖的グループと言えるのかもしれない。

「ビギニング! !チャチャ」 から生まれた派生ユニット

JA-JA…冠番組「ビギニング! !チャチャ」 内でCHA-CHAのライバルユニットとして登場。「東京キッドブラザーズ」の長戸勝彦、水谷敦(現・水谷あつし)で88年に結成される。高身長の二人は少し大人の雰囲気を醸し出し、若い年齢層に支持されたCHA-CHAに対し若干高めの年齢層を狙っていた。89年「瞳を閉じてごらん」でデビュー。

青春の応援歌のような甘酸っぱい雰囲気漂う3曲「僕のせいいっぱい」、「ボクらの夢によろしく」、「約束」もオリコンチャート上でTOP10へ送り込む。
なお、「ボクらの夢によろしく」はアニメ「ミラクルジャイアンツ童夢くん」の主題歌に起用された。また、このころ、松原が野球で怪我をしてしまうというトラブルもあった。

「僕のせいいっぱい」(89/オリコン最高3位・8.7万枚)、「ボクらの夢によろしく」(89/オリコン最高9位・6.2万枚)…アニメ「ミラクルジャイアンツ童夢くん」主題歌、「約束」(89/オリコン最高9位・6.5万枚)。

松原桃太郎が89年5月ごろ、骨折し、1ヶ月の入院となった。しかし、誰もお見舞いには来なかったという…。忙しかったのか、ハブられていたのか?

その後、バラエティ番組出身の彼らの持ち味を活かしたコミカル色強めの作品「ぽろり物語」(89/オリコン最高13位・4.4万枚)、「キスしたい」(90/オリコン最高18位・2.7万枚)のリリースもあったが、あまり話題とならなかった。

80年代後半は音楽業界が曲がり角を迎えていた頃であり、音楽番組のリニューアルや終了が相次いで起きていた。また、バンドブームが起こり、アイドルは、何をやっても注目されない冬の時代に突入であった。

90年5月にはアメリカへダンス留学のため木野が脱退となる。4人で活動継続となったが、その後はこじんまり活動となってしまった。

勝俣がよくネタにする「アンパンマンたいそう」がリリースされたのは、91年のことである。

「アンパンマンたいそう」(91/オリコン最高83位・0.6万枚)…93年にドリーミングがカバー。CHA-CHAの歌唱版は2018年現在までCHA-CHAのアルバムに収録なし。「それいけ!アンパンマン」関連のいくつかのアルバムには、収録されている。

92年1月、渋谷公会堂のコンサートにて活動停止となる。シングル10枚、アルバム5枚(ベスト2枚)を残した。

各々の近況は…

勝俣州和

アイドル時代は俳優業にも進出していたが、現在は、タレントとして活動している。堀部圭亮と、1992年に「K2」を結成し2001年まで活動していたこともある。

現在も多くのバラエティ番組で姿が見られる売れっ子タレントである。しかし、意外にもMCや冠番組は持っていない。タモリ、ウッチャンナンチャン、とんねるず、和田アキ子、みのもんた、中居正広にダウンタウンといった、そうそうたる大物たちと絡む名バイプレーヤーといったポジションで出演している。

短髪短パンがトレードマークのにぎやかキャラでタレントとしてブレイク!でかい声でチャチャ(ガヤ?)を入れるナイスなアシストぶりで重宝されているようです。元アイドルであることを自らネタにしたり、イジられることもありますネ。右は著書「やさしくなるとうまくいく」(17)

西尾拓美

活動停止後は、歌手や俳優として芸能活動を継続するものの現在は引退し、料理人に転身している。96年に、かねてより交流のあった西村知美と結婚。(91年の「ねるとん紅鯨団」に出演時に理想のタイプは西村と語っていた。)家族でバラエティ番組に出演することもある。

「西尾拓美写真集」(91)…CHA-CHA時代はバリバリのアイドル路線のポジションでした。CHA-CHA時代末期に出されたソロ写真集。表紙からSEXY全開です。引き締まっておりナカナカ良いカラダ。コレは自信アリと見た(笑)
92年に「FAT GIRL」でソロデビュー。

中村亘利

91年に「NOBU」名義でソロデビュー。その後、オーストラリアで世界最古の楽器・ディジュリドゥに触れたことから、演奏法を学ぶ。その後「KNOB」と改名。北鎌倉・雪堂美術館を拠点に全国各地で演奏活動を行っている。

アイドル時代は「はなきんデータランド」に出演していました。ほかに出演者は喜多嶋舞サン。”NOBU”時代のアルバム「愛ティスト」(91)

松原 桃太郎

CHA-CHA解散後は”松原ひとし”と改名し、コントコンビ「まんもす2」として活動していたが、間もなくして解散。引退後は、お笑い講師職などをしていたが、2010年頃から故郷である新潟市にてカイロプラクターを務める傍らラーメン店でPRサポーターを行ったり、イベント等に出演していた。現在の詳細は分からない。

木野正人 

90年に脱退し、アメリカにダンス留学し、帰国した後は阿佐ヶ谷にダンス教室を開いたり、田原俊彦やKinKi Kidsなどの振付を担当している。ダンスアーティストとして活動中。

今のアイドルの活動の礎を築いた元祖的な彼らも今年デビュー30周年を迎えた。再結成の話は聞こえて来ない。

●書籍・CD・DVDなど———————————————————


コメントを残す