• 80年代アイドルを紹介しています。

Wink

・相田翔子
1970年2月23日 生まれ
東京都武蔵野市出身。 B型
・鈴木早智子
1969年2月22日生まれ
東京都出身 A型

デビュー曲:「Sugar Baby Love」 (1988年4月27日)
事務所:アップライトミュージック
レコード会社:ポリスター

活動停止後のふたりの活動は、明暗がハッキリ分かれた…とも言いたくなるような状態である。

———————————————-

翔子

Wink活動停止直後の2年間は、音楽活動に没頭しCDをリリースするものの、成功を収めることはできなかった。表現者としての表現の場を限定することを辞め、バラエティ番組進出を決意し、98年「世界ウルルン滞在期」のレポーターとして出演したところ、好評であり、翌年から司会として登場となる。2000年には「踊る!さんま御殿!!」にゲスト出演し、初回から天然ボケぶりが露呈する。

「世界ウルルン滞在記」(99-06)…レポーターとして出演したところ、好評で司会に抜擢。

それ以後、バラエティ番組での出演が増え、毎度ユーモラスな会話を展開し、以降、「笑っていいとも!」、「メレンゲの気持ち」などのバラエティ番組で司会、レギュラーを務め、至るところで姿を見かける存在になる。

「メレンゲの気持ち」(05-07)…レギュラーとして出演、写真は、松山千春に対して、不味い発言をしてしまい、途中で気づくところ(笑)

Wink時代と変わらないルックスを維持しており、「癒し系」、「美魔女」といった時代のニーズにもマッチし、売れっ子タレントとなる。

●CM

アサヒ飲料「WONDA ショット&ショット」新幹線パーサー」編(05)…「淋しい熱帯魚」をモチーフにした替え歌を披露。
「東邦ガス」(18)…皆がガッツポーズをするなか、翔子チャンは、さりげなく「淋しい熱帯魚」の”大魔神ポーズ”を披露!30年経っても使われるフリツケ…凄すぎる。

08年に医師と結婚、出産も経て、芸能活動を継続。

バラエティ番組での活躍をきっかけに活動の幅を拡大させ、再度、音楽活動にも精力的に取り組んでおり、アルバムのリリースやライブ活動も活気付いて来ている。

毎度バラエティ番組で、インパクトのあるトークを展開し、話題を振りまいているため、あまり知られていないようだが、女優として映画やドラマ、舞台など幅広く活躍し、多くの作品に出演している。

早智子

早智子は波乱万丈且つ、活躍の場が見つからない状態が長く続いている。

翔子と同様、解散後の音楽活動は不振であった。Wink活動停止後に営業というかたちでの歌手活動はあったものの、女優やタレントの活動が中心となっていた。

そんななか、98年にテレビ番組「ASAYAN」の”再起に賭ける芸能人オーディション”に出演。これは、小室哲哉プロデースを賭け、ニューヨークで共同生活をしながら、レッスンを行うというものであった。しかし、協調性のない態度で臨み、後半には別のルートでCDリリースの打診があったため企画を離脱する。

早智子は後に、この番組は、やらせ演出で知らないところで自分を「悪役」として仕立てる編集がなされていたと語っている。

シングルをリリースしたものの、アルバム発表まで間が空いたりと音楽活動は断続的に行われる状態で、タレント活動が中心であった。

「ASAYAN」再起に賭ける芸能人オーディション(98)…共同生活の拒否、レッスンの途中退場、別ルートからのCDリリースによる離脱…。この一連の行為により、その後の芸能活動が制限されたと思われる。台本があり、また、悪く見える編集がされていたという。98年のシングルリリースから随分と時を経た03年にアルバムを発表。PRのためにバラエティ番組に出演し、アイドル時代の思い出を語るものの、ひたすらたどたどしいトークを展開。

09年3月には薬物服用により救急搬送されたと報じられ、自殺未遂かと憶測をされたが、睡眠不足によって安定剤を服用したことを会見で説明した。

その後、程なくしてセンセーショナルなニュースが飛び込んでくる。
AV出演が報じられたのだった。

実際は、AIV(アダルトイメージビデオ)という代物であったが、AVと変わらないシュチュエーションで、男性と絡む姿を披露したのだった。
アイドルでレコード大賞歌手のアダルト作品出演は前代未聞であり、出演作「September Shock」は6億円を売り上げたという。

翌10年には、「週刊文春」で、俳優・津田英佑との不倫を報じられる。これにより、芸能活動を一時的に自粛する。その後、自叙伝「負けじ魂」を出版し、不倫の否定と芸能活動復帰の発表を行なった。

「September Shock」(09)…AVメーカー「MUTEKI」からのリリースであり、世間的にはAVという風に解釈されることとなった。映像では相手役の男性は顔がよく分からないのだが、後に不倫報道される俳優・津田英佑だと言われる。この不倫疑惑について、早智子は不倫を認め、津田は否定。奥さんと離婚調停中という言葉を聞かされ、その言葉を信じて4年間付き合っていたという。自分の事務所に津田を招き仕事の面倒もし、DVDの相手役に指名した模様。津田は14年にアニメ映画「アナと雪の女王」でハンス王子の声優として脚光を浴びることとなる。聖子チャンの娘の沙也加チャンと歌っていたあのイケメンです。

復帰後は、若干のテレビ出演するなどしたもののテレビで見かけることはなく、活動が活性化しないでいる。

———————————————-

2017年夏、スポーツ誌が「Wink22年ぶり再始動へ」と報じた。翔子の事務所は「具体的なことは何も決まっていません」と返答し、徐々に沈静していった。

再結成…これまでに特別番組にて「一夜限りの」と2人揃って歌を披露することが3回あった。「不仲のため活動を再開しない」という説が囁かれている。
写真は、08年「第50回日本レコード大賞」メモリアルアクト・日本レコード大賞50周年記念特別企画での歌唱。

18年、デビュー30周年を迎え、7inchアナログ復刻、アルバム全作品が復刻されることとなった。

この復刻リリースを記念して、10月にスペシャルイベント「『Special To Me』-1日限りのスペシャルトークイベント」の開催が決定している。

●書籍・CD・DVDなど———————————————————


コメントを残す