• 80年代アイドルを紹介しています。

BaBe

近藤智子
1966年2月17日 生まれ
神奈川県川崎市出身。 O型
二階堂ゆかり
1967年8月29日生まれ
 東京都武蔵野市出身 O型
デビュー曲:「Give Me Up」 (1987年2月21日)
事務所:エスワンカンパニー
レコード会社:ポニーキャニオン

二階堂と近藤のふたりは高校生時代に渋谷のジャズダンス教室で出会う。これをきっかけにバンドを組み、アマチュアとしてライブ活動を行ったのち、事務所に所属することとなる。

80年代後半はバブル最盛期であり、ディスコブーム。音楽業界は、洋楽カバーブーム。荻野目洋子が「ダンシングヒーロー」(85)で、長山洋子が「ヴィーナス」(86)で人気歌手の仲間入りを果たし、早見優が「ハートは戻らない (Get out of my life)」(87)で再びスポットライトを浴びていた。

1987年に、ふたりはBaBe(ベイブ)として、マイケル・フォーチュナティのカバー「Give Me Up」デビュー。激しいダンスを踊りながら歌うスタイルはアイドルでは珍しく、ふたりに熱い眼差しが注がれる。また、楽曲は、斉藤由貴主演のドラマ「あまえないでヨ!」の主題歌に起用されたこともあり、ヒットチャートを上昇!歌手活動をはじめて、すぐに脚光を浴びることとなった。

●カバー作品でデビュー

「Give Me Up」(87/オリコン最高8位・12.7万枚)…マイケル・フォーチュナティのカバー。85年12月、発売と同時にヨーロッパ中のディスコで大ヒットしたナンバー。「ザ・ベストテン」では、11位まで上昇。スポットライトと延長戦で登場。ランクインしてないのに2度も歌うことが出来たというなんとも珍しく幸運なパターン。 番組の新人紹介のVTRでともチャンがズッコケて有名になったおふたりデシタ。

続く2nd「I Don’t Know!」もドラマの主題歌に起用され、デビュー曲を越えるヒットとなる。人気音楽番組「ザ・ベストテン」、「歌のトップテン」などの上位にランクインし、BaBeの名前が広く知られることとなった。元気で溌剌とした歌と踊りで存在感をアピールした。

「I Don’t Know!」(87/オリコン最高5位・14.3万枚)…岸本加世子、神田正輝出演のドラマ「アナウンサーぷっつん物語」主題歌。デビュー曲を越えるヒットに。これで一発屋じゃない!?「ザ・ベストテン」では3位まで上昇し、BaBeの代表曲に。一般的に”BaBeといえば「I Don’t Know!」”ということであろう。

音楽番組のほかバラエティ番組の出演もしており、ユニークな言動も魅力のひとつで、純粋なアイドルスタイルが衰退をはじめ、アイドルブームが凋落へ向かうなかの登場、ポップ感覚を身につけた飾らない女の子ふたり組が、人気を集めるのは、当然だったように思われる。

”クロマティ似”の二階堂ゆかり、”富田靖子似”の近藤智子と言われ、共演者や視聴者からイジられていた。しかし、面白がってネタにしてしまう大らかさ。「BeBe」が読めなくて「バベ」と言われることも笑い飛ばしてましたネ!デビューまではアルバイトをしていたことなど気取らないトークが好感度大でした。特にともチャンの自由な発言に大笑いデシタ。

その年の新人賞レースにも参戦。有線系から各放送局主催のものまで多くの音楽祭に出場。ヒット曲もあり、この年デビューの新人の中ではトップクラスの実績で最優秀新人賞総ナメかと思われたが、この年の新人は、酒井法子立花理佐仁藤優子畠田理恵伊藤美紀、坂本冬美、伊藤智恵理など粒揃いであったため、苦戦を強いられた。

この年の最優秀新人賞の受賞者は各音楽祭で違っていた。アイドルでは立花理佐、酒井法子、仁藤優子、演歌では、坂本冬美が獲得。2曲のヒットにより、ほかの新人より有利に思えたが、「第16回FNS歌謡祭」で悲願の最優秀新人賞を受賞。いつも笑ってばかりのふたりも神妙な面持ち。感激で、歌詞を間違えてしまう、ゆかりチャン。

その後も、ダンスを取り入れた楽曲や洋楽のカバーをリリース。代表曲「「I Don’t Know!」」を超えるヒットには巡り会えずいたもののコンスタントに音楽番組に出演しており、人気アイドルといっていいポジションにつけていた。88年には、「笑っていいとも!」 にレギュラー出演もし、バラエティ・アイドル的な活動も行っていた。

「Somebody Loves You〜明日の恋人〜」(87/オリコン最高4位・9.0万枚)…ヒット曲のあとはどんな曲?タイアップもなく、力が試される時が来た。前作より売上げダウンだが、ポップ感控えめの曲でチャート上位にランキングされたのだから、成功といえるでしょう。

「Hold Me!」 (87/オリコン最高7位・6.1万枚)…サマンサ・ジルズの楽曲。マイナー調の楽曲をリリース。アニメ「のらくろクン」のエンディングテーマ。「TONIGHT!」(88/オリコン最高7位・4.3万枚)…森永製菓「Hi-SOFT」CMソングに起用され、本人たちも出演となる。BaBe=元気っていうイメージが前面に出ている楽曲。パジャマが衣装でしたネ。

「Get a Chance!」 (88/最高9位・6.2万枚)は小高恵美主演ドラマ「花のあすか組!」主題歌。♪キス-好き-生真面目-迷路-ロマンス- -スランプ-プラトニック-首ったけ-決して言えない-I, I, Love You!のしりとりが印象的。この後、「WAKE UP!」(88/最高18位・2.3万枚)をリリース。

89年に女性デュオ・Winkが洋楽カバー「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」が大ヒットし、人気爆発となる。女性デュオ、カバーがヒット、静と動など二組はよく比較されていた。BaBeはライブ活動にウェイトを置いた活動へとフィールドを徐々に移しており、世間的には入れ替わった印象であった。

アルバムでは作詞やソロにも挑戦し、アーティスト色を強め、斉藤由貴の「夢の中へ」(89)には、バックコーラスとして参加していた。

「She has a dream」 (89/オリコン最高37位・1.3万枚)…歌詞は2人のデビュー前の状況・心境を基にして作られたという。2人ともスリムにオンナらしくなって…。「I Don’t Know!」の頃はカラフルな衣装がお似合いでしたが、モノトーンの衣装に身をまとい今までにない落ち着いた楽曲を歌唱。しかし激しいダンスは健在。新しいBaBeが始まる?と思わせた。

90年、突如、解散となる。

理由は二階堂の妊娠・結婚。同時に二階堂は芸能活動から引退となり、それ以後、近藤は斉藤満喜子のプロデュースやラジオ出演などの活動を行っていたが、結婚を機に芸能活動を引退したと聴く。

活動期間は短かったが鮮烈な印象を残したふたり。女性デュオがデビューするたびに彼女たちの圧巻のダンスパフォーマンスとハーモニーが思い出されることだろう。

●書籍・CD・DVDなど———————————————————


コメントを残す